2014年07月25日

茶学の会第93回例会のお知らせ

93回目の例会のお知らせをしていなかったような気がするのです。

日時」7月26日(土)午後1時30分〜3時
場所:袋井市役所3階 301会議室
内容:講演「お茶と健康」  演者 鮫島庸一先生(市立御前崎総合病院内科部長・元掛川市緑茶予防医学健康科学研究所所長)
参加費無料 どなたでも参加できます。

今回は、袋井茶文化促進会と共催で、袋井市役所で行います。
駅から北へ徒歩15分ほどですが、駐車スペースは沢山ありますので、お車が便利です。

開催直前になってしまってスミマセン。是非お出かけください。

・・・
posted by kodomari at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

茶学の会第92回例会の開催

茶学の会92回例会を下記により開催します。ご参加ください。
日時:2014年5月25日(日)午後1時30分〜4時
場所:袋井市中央・南公民館(二階大会議室)
   (袋井市高尾754−1 п@0538−43−3386)
内容: 講演題目「新世代茶飲料の開発」
   講師 原征彦氏(茶研究・原事務所(株)社長・農学博士)
平成21年から5カ年計画で県内外大学、研究機関、企業を挙げて取り組んできた新しいお茶開発のプロジェクト。その成果と今後の展望などについて、中心となられた原征彦博士から伺います。
参加費:会員300円、会員外500円
事前申し込みは不要ですので、直接会場へお越しください。
袋井駅から徒歩10分程度。

26年度会費未納の方は、お支払いください。当日も受け付けます。

この件の問い合わせ先:рO537−24−4864(小泊重洋)


・・・
posted by kodomari at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

茶学の会第91回例会

第91回例会を下記により開催します。
日時:平成26年3月30日(日)13:30〜16:00
場所:袋井市中央・南公民館(1階ホール)
内容: テーマ「台湾茶産業に学ぶ日本茶業」
   話題提供者 小泊重洋(世界茶連合会副会長)
台湾は茶の生産、流通、消費、文化に関して一大実験場と云っても良いかもしれません。何でもありのお茶のデパートです。混沌とした今の日本茶業にとって大変興味深い地域です。台湾のお茶事情を見ることでいろんなヒントが得られるのではないでしょうか。台湾の緑茶、紅茶、烏龍茶を飲みながら、ゆっくり考えてみたいと思います。出来れば小人数で・・・
参加費:会員300円、会員外500円
事前申し込みは不要ですので直接会場へ。
問合わせ先:小泊重洋(電話 0537−24−4864)

・・・
posted by kodomari at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

講演会

IMG_7137.JPG IMG_7152.JPG

一昨日は、台湾から許先生をお呼びして講演会。

7年前と全く変わらずお若い! 
参加者は100名を越える盛会! 
夜は、例の通り街の飲み屋さんで一杯会。講師の国籍は問いません。

IMG_7163.JPG    IMG_7175.JPG

昨日は、夜の飛行機まで時間があるので牧之原をご案内。
無事に帰宅されたとの連絡を頂き、ひと安心。


今年は、台湾に行こう!!


・・・

posted by kodomari at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

茶学の会第90回記念例会

隔月に行っている茶学の会例会もいよいよ90回目を迎えます。
今回は、静岡産業大学と合同開催です。都合で来月になります。

茶学の会第90回例会
開催日時:平成26年2月12日(水)午後1時〜4時
会場:静岡産業大学藤枝キャンパス
(藤枝駅北口バス停@ 藤枝市立総合病院行きで約10分。市立病院で下車徒歩2分)

内容:講演「台湾茶の歴史〜とくに日治時代の台湾茶と包種茶の歴史」
   演者 許賢瑤氏(台北・中国文化大学史学系副教授)
 (許先生は、台湾茶の歴史に精通し、中でも日治時代の台湾茶および台湾独自の茶種である包種茶の研究に  関する大家で、多くの貴重な報文があります。ご依頼を快諾され、日本初の講演会となりました。)

参加費:一律1000円(当日お払いください。茶学の会会員は、事前の申し込みは不要です。直接会場へ)

定員70名を予定しています。




・・・
posted by kodomari at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

茶産業と文化

IMG_5785.JPG    IMG_5778.JPG

今日は、茶学の会88回目の例会。
二村先生による茶産業と建築のおはなし。 大変興味深く、かつ、大いに考えさせられました。
有形無形のお茶に関わる産業遺産が、まさに風前のともしび・・
茶業者が口にする「茶の文化」とは、一体、なんじゃらほい・・

そのあと、50分ほど「白茶」の話。白茶については、まだまだ勉強する必要を強く感じた次第です。
上の写真は、白毫銀針ではなく、広東省の九峰白毛茶と言う緑茶なんです。

11月9日に、世界お茶まつり会場で、白茶展を開きます。白茶飲み放題・・!
お楽しみに。

今日も有意義な一日でした。
「茶学の会」は108回までやる予定・・・・
次回は、11月10日に静岡のグランシップで89回目の例会を開きます。
題して「お茶の原点を語る100分間」 参加は先着順です。



・・・


posted by kodomari at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

茶学の会第88回例会のお知らせ

少し早いけど、来月はお知らせごとが多いので、忘れないうちに・・

第88回茶学の会例会
開催日時:9月29日(日)13:30−16:30
場所:袋井市立中央・南公民館
内容:
 13:30-15:20 講演「茶産業における建築」 二村悟氏(工学院大学客員研究員・工学博士)
 15:30-16:30 資料紹介「中国の白茶」   小泊重洋(茶学の会)

なお、9月1日(日)午後2時から静岡市の「ミライエ」において「白茶を楽しむ会」を開きます。中国における最近の白茶事情、白茶の作り方・効能などを適当にしゃべって、あれこれ「白茶」を飲んでいただく会です。 参加費1000円が必要です。講師は、ワタシ。

9月4日(水)午後から、袋井市立中央・南公民館において、お茶料理講演会が開かれます。
主催は、袋井茶文化促進会ですが、どなたでも参加できます。
 ・「お茶料理と健康」   西條了康先生(お茶料理研究会会長・元香川大学教授)
 ・「お茶料理のポイント」 南 廣子先生(お茶料理研究会副会長・元名古屋女子大学教授)
お茶料理研究会の大御所をお招きしての講演会です。お茶料理の試食も予定しています。会費1000円で、事前申し込みが必要です。

9月22〜23日には、岐阜県春日村において「在来茶を考えるシンポジウム」が開かれます。
松下智先生(豊茗会会長)・中村羊一郎先生(元静岡産業大学教授)・稲垣栄洋先生(静岡大学大学院教授)・武田善行先生(元野菜茶業研究所茶業研究官)その他、各地で在来茶を栽培したり販売している方々から在来茶にかける熱い思いを語って頂く企画になっています。勿論、いろんな在来茶の販売もあります。
場所は、かなり山の中です・・・
申し込みは、山菜の郷いび(FAX 0585-58-0231) 内容などについてネット上で引けるかどうか・・・?

  
posted by kodomari at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

茶学の会第87回例会

                IMG_4859.JPG

昨日は、「茶学の会」87回目の例会。「お茶を売る」がテーマ。
暑いやら雷やら大雨やらの異常なお天気の中、遠方からも39名の方々が・・

お二人の方のお話を伺って、あと自由討議。
もう少し真面目に、ストーリーを考えるべきだったかもしれないけど、いつものようにいい加減・・

参加者は、きっと、な〜んだ、って感じかも・・でも、わたしは大いに得るところがありました。

思うのですが、主宰者として、なにか意義を見出そうと毎回、無理やりそれを捜すのです。それの連続・・。
それが結構イイのかもしれませんね。自分なりに進歩している原動力かも・・・

これが、他人のやってる会だと・・な〜んだ、来て損した・・で終わり!
ほんとに、損してるのですね・・・

100回まで、あと13回・・・がんばろう


・・・
posted by kodomari at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

第87回茶学の会例会のお知らせ

二か月前からプリンターの具合が悪くてハガキ(だけ)の印刷ができません。
ネット上でもいろいろ指摘がありますが、ホントにいまのプリンターの売り方は、まさに〇〇ですね。
技術の粋をつくして、巧みに故障するように作れられているんでしょうね。その技術力に感心するしかありません。言っててもしょうがないので、きのう、近くのお店に走って、6980円のエプソンのPX-405Aを買って来ました。以下の開催通知を、会員の皆様へ送る予定です。

第87回茶学の会例会
開催日時:2013年7月27日(土)13:30−16:30
会場:袋井市立中央南公民館1階ホール (tel/ 0538-43-3386)
内容: テーマ「お茶を売る」
茶業界は大変厳しい時代を迎えています。如何に消費拡大を図るか、みんなで考えるため緊急のテーマを設定しました。講師は、積極的な販路開拓を実践しているお二人の方にお願いし、ざっくばらんに経営の現状や考え方をご披露いただくことにしました。積極的な意見交換を期待します。
講師:松下芳春氏(掛川市・松下園園主)・長田辰美氏(森町・おさだ製茶社長)
取り扱い商品の展示・販売なども予定しています。お茶を売るためには何が必要なのか・・・

参加費:茶学の会・袋井茶文化促進会会員は300円、その他の方は500円。
定員:50名(事前申し込み不要。直接会場へお越しください)

問合わせ:茶学の会事務局・小泊重洋(п@0537−24−4864)


・・・ 
posted by kodomari at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

茶学の会86回例会

                IMG_3966.JPG

昨日は、茶学の会86回目の例会。

池田奈実子先生によるインドの紅茶のお話。

まだ、お茶で忙しい方が多くて、参加者は30名と、少なめ。

でも、面白かった。池田さんありがとうございました。

次回は、7月27日(土)に「お茶を売る」というテーマで興味深い会を開きます。

お楽しみに・・・


・・・
posted by kodomari at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

急須の話

IMG_3063.JPG IMG_3079.JPG

昨日は、茶学の会85回目の例会。

三重から稲垣さんに来ていただいて、「急須の科学」というお話。

参加者は、予定通りぴったり60名。準備した資料もぴったり。

今回は、松下さんが来なかったので、すんなり帰宅。

少し、拍子抜け。何のために開いている会だか・・・?

            IMG_3098.JPG

もうあたりは春・・・


・・・
posted by kodomari at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

急須の科学

                IMG.jpg

3月10日は、「茶学の会」85回目の例会

三重から稲垣さんに来ていただいて「急須の科学」のおはなし。

最近は、急須を見たことが無いと云う人もいるくらいだから、参加者は少ないかと思っていたら、
あちこちから問い合わせ殺到!

で、新聞に出すのはよそうかと思ったけど、念のため出してみました。すぐに、問い合わせが・・・

満員になりゃしないかと、少し心配になってきました。

いちおう、60人と踏んでいるのですが・・・はたして・・・?


今日のチャ茶は、開店早々にお客様・・・4時まで11名の方々が・・・
繁盛してます。


・・・
posted by kodomari at 22:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

茶学の会第85回例会

茶学の会85回目の例会を以下により開催します。

開催日時:2013年3月10日(日)13:30−16:00
場所:袋井市立中央・南公民館1階ホール
   (袋井市高尾754−1)
講演題目と講師:
  「急須の科学」 稲垣順一氏(三重県工業研究所主幹研究員)

今回は、三重県工業研究所窯業研究室主幹研究員の稲垣順一工学博士をお呼びして、急須の科学をテーマにお話して頂きます。斯界の権威である稲垣先生から、目からウロコのお話を多々伺います。ご期待ください。事前申し込みは不要です。定員は50名。

参加費は、会員300円、会員外は500円です。

問合わせ:茶学の会会長 小泊重洋 (п@0537−24−4864)


・・・
posted by kodomari at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

茶学の会第84回例会のお知らせ

新年明けましておめでとうございます。
いよいよ再来年は、例会も100回目を迎えることになります。無事、その日が来ることを願っています。
本年もご協力のほど願いあげます。

本年最初の例会(84回目)を以下の様に行います。ご参加ください。

開催日時:平成25年1月26日(土)午後1時30分〜4時30分
場所:袋井市立中央・南公民館(袋井駅から徒歩7分)
内容・演題:
 「岩茶と私」 講師:左能典代氏(作家・日中文化交流サロン岩茶房主宰)
 「茶の呼称"la"から見えてきたもの」 講師:古橋 稔氏(中国茶文化研究家)
参加費:会員300円、会員外500円
定員:50名(先着順)

今回は、中国茶研究家のお二人をお呼びします。左能さんには、岩茶の魅力を語って頂き、お茶の力を再発見したいと思います。近著「青にまみえる」(新潮社)も会場で販売予定です。古橋さんには、82回例会でお話し頂く予定が台風で中止となったので、改めて同演題でご発表いただきます。

・・・
 
posted by kodomari at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

茶学の会83回例会

なにやかやと行事があって、茶学の会のことを忘れていました。すみません!

下記のように開催します。人気の講座ですので、ご来場はお早めに。

茶学の会第83回例会・茶の湯文化学会静岡例会合同開催
開催日時:2012年11月25日(日)13:30〜16:30
会場:袋井市立中央・南公民館(ニ階大会議室)

内容:
講演 「文人たちと煎茶」   舩阪富美子氏(煎茶史研究家・学術学博士)
講演 「中世静岡の喫茶文化」 橋本素子氏(京都光華女子大学講師)


参加費無料ですが、資料代300円頂きます。
事前申し込みは不要ですので、直接会場へお越しください。

当日は、他の大規模行事と重なったため駐車場が不足しています。ご注意ください。

電車の場合、JR袋井駅下車、改札口を出て、すぐ左手の歩行者通路を通り、駅の裏に出て左へ、住宅街を東へ約6分が近道です。

問い合わせは:小泊重洋まで(п@0537−24−4864)


・・・
posted by kodomari at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

鳳凰単叢の話

IMG_2194.JPG

強い風雨でしたが、台風一過、夜中には満月が出ていました。

「茶学の会例会」・・身の危険を感じながら、熱心な方々が20名ほど集まりました。

          IMG_2196.JPG

なによりも、徳田さんには大感謝!帰れなくて、掛川でお泊りに・・・

美味しい鳳凰単叢(100g9000円とか・・・)も飲ませていただき、実際の生産現場の細かい情報、勉強になりました。

まだお聞きしたいことがたくさんありましたが、4時半で切り上げました。残念・・


遠方の方々無事に帰れましたか?


・・・

posted by kodomari at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

82回例会・徳田志保・古橋稔

茶学の会第82回例会開催のお知らせ

日時:2012年9月30日(日)午後2時〜5時

場所:袋井市立南公民館(駅から徒歩6分程度)

内容:
 講演1:「鳳凰単叢茶あれこれ」 講師 徳田志保氏(中国茶研究家)
 講演2:「茶の呼称”la”から見えてきたもの」 講師 古橋 稔氏(中国茶文化研究家)

中国現地の農家から直接、歴史や製法を学び、さらに中国国内で販売も手掛ける徳田さんをお招きして地域に根付いた中国のお茶の実態を学びます。鳳凰蜜蘭香や宜興の紅茶の試飲も予定。古橋さんからは、長年現地に出向き研究された少数民族の茶の呼称”la”について、そこから見えてきた新しい展開をお話し頂きます。

参加費なしですが、資料代などとして、会員300円、非会員500円頂く予定です。

事前申し込みの必要はございませんので、直接会場へ。

問い合わせなどは、茶学の会会長小泊重洋(/fax 0537−24−4864)まで



・・・
posted by kodomari at 11:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

第81回茶学の会例会

第81回茶学の会例会を茶の湯文化学会静岡例会と共同で開催します。今回は一切無料ですので大勢ご参加ください。但し、定員60名。今回のテーマは「茶の湯」です。

開催日時:2012年7月29日(日)13:30−16:30
場所:袋井市立中央・南公民館(袋井市高尾754−1)
内容:
  ● 講演「茶の湯の根源を考える」
    講師  松下 智(元愛知大学教授)
  ● 討論「茶の湯とは・・・」
    松下 智・吉野白雲(日本茶道塾塾長)・小泊重洋(茶学の会会長)
 農水省が今年3月に示した茶業振興計画に、「茶の文化」および「茶の湯」の文言が見られました。どのように茶業と結び付くのか、まずは「茶の湯」を知ることから始めなければなりません。茶の湯は何のためにするのか・・・など。日頃感じる率直な意見を述べ合い、茶の湯と茶業を結び付ける手立てをみんなで考えましょう。積極的に自由討議にご参加ください。

事前の申し込みは不要です。直接会場へお越しください。
問合せ先:小泊重洋(рO537−24−4864)



・・・

posted by kodomari at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

茶学の会第80回例会のお知らせ

茶学の会例会も80回になります。

二カ月に一回。惰性ですが、よく続いています。

今回は、80回と云うこともあって、少しはりこんで、長崎県から講師をお呼びしました。

題して「茶葉とビワ葉を混合揉捻した発酵茶〜ワンダーリーフ〜の開発・事業化について」

長崎県では、特産の枇杷の葉と茶の葉を組み合わせて新しい発酵茶を開発しました。どんな味かわかりませんが、なんでも糖尿病に効くそうです。個人的にも大いに関心があるところ・・・

そんなわけで、その開発に携わった宮田裕次さん(長崎県農林技術開発センター主任研究員)をお呼びしてその全貌を余すとこなくお話し頂くことにしたのです。

日時は、5月26日(土)午後1時30分〜4時30分まで。

場所は、いつもの袋井市立中央・南公民館です。今回は、いつもの会場が取れなくて二階の会議室になります。少し狭いのでお早めにどうぞ。

聴講無料ですが、いつものように資料代を会員は300円、会員外は500円頂きます。

官製品にしては珍しく初年度に数千万円売り上げたとか・・・。当日、試飲、販売も・・します?

勿論、ネットで購入も可能です。


どうぞお楽しみに・・・



・・・

posted by kodomari at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

放射能の話

                IMG_9806.JPG

今日は茶学の会の79回目の例会。

放射能の話なので、大勢の参加者がと思いきや・・・予想の半分。

少し拍子抜け。

でも、大変いいお話でした。参加できなかった方は残念でした。

なぜ参加者が少なかったかに興味を持ちました。なぜでしょう?

あとは、いつものように駅前の飲み屋さんで懇親会。ナカムラサン、マツシタサン、フルハシサン、それにわたし。これが楽しみでやってるようなものですけど・・・。

どなたでも参加自由ですのでご遠慮なく。楽しいですよ・・・


次回は、5月26日(土曜日)。長崎からわざわざ先生をお呼びして大変興味深いお話しを伺いますよ。
会場が狭いのでお早めに。




・・・





posted by kodomari at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶学の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。