2014年08月16日

ある人生

先週、お墓参りに行ったついでに、久しぶりに友人の霊前にお線香をあげてきた。高校の同級生だった。
そこで、彼のことを記した冊子を頂いた。改めて、彼の波乱万丈の人生を知った。

        IMG.jpg

彼は地域でも有名な外科医だった。37歳で開業。
朝9時に病院に入ってから口にするのは飲み物だけ。一日平均130人の外来患者を診察し、各種の検査をこなし、手術をし、140人の入院患者の病棟を見回り、棟続きの家に帰るのは夜中の12時を回ってからであった。それから、1日1食の食事が始まる。体重86キロ。一日のエネルギーを一食でとるわけだから、その量のすさまじいこと・・それに、四六時中タバコを離さなかったし、酒は底なし。
        IMG_0001.jpg

医者の不養生を地で行った。忠告する人も多かったらしいが、誰の意見にも耳を貸さなかった。
365日、外出することもなく、昼夜、ただひたすら患者のために働いた。
そして、60代半ばで壮絶な人生を終わった。

思えば、明治維新のころ、そして、我々の父親の時代、そして、われわれの世代・・。
時代とともに薄らいでいったけれど、頭で判断するのではなく、魂の声を聞いていたような気がする。

彼の生き方に共感するところがあるし、彼のような人生を送った何人かの知人の顔も浮かぶ。
人生=波乱万丈  いまはむかし、これが当たり前の時代があった。

人は何のために生きるのか、何が幸せなのか・・・忘れていたことを思い出させるお盆でした。


・・・
posted by kodomari at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403835469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。