2014年07月27日

認知症

IMG_8908.JPG IMG_8910.JPG

昨日は、茶学の会と袋井茶文化促進会共催で「お茶と健康」講演会を開きました。
講師は、鮫島庸一先生。熱中症注意報発令中にもかかわらず危険を冒して50名の方々が参加されました。

認知症予防を中心として、勿論、お茶が有効と云う、大変有益なお話がありました。

その折、配られた資料に大きな丸が書いてありました。
何のことかと思っていましたら、それを時計の文字盤に見立てて「11時15分」の針を記入してくださいとのこと・・
なんだ、そんなこと、とスイスイと記入しましたが・・・

80歳を越すと、四人に一人が「15」はどこだ・・・なんてことになるんだそうです。


でも、人が集まるところにわざわざ出かけて行って、日頃、聞くことのないお話を直に演者から聞くと云うことは、認知症予防に大変有効だと云うことを今更ながら感じました。
そのうち、きっと、出かけるのが面倒になるんでしょうね・・・そしたら・・

鮫島先生に感謝!


・・・

posted by kodomari at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。